結婚と妊娠が明らかになった元AKB48・菊地あやかの波瀾万丈なAKB48時代

元AKB48のメンバーで、現在はモデルなどをしている菊地あやかさんが、11月22日に結婚をし、妊娠をしていることが明らかになりました。菊地あやかさんは2014年4月にAKB48を卒業したばかりで、2014年9月には最後の個別握手会に参加したばかりでした。

スポンサーリンク

元AKB48・菊地あやかとは

3期生としてAKB48に加入し、AKB48の主力メンバーに

菊地あやかさんは、2006年12月に『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に13歳で合格し、AKB48の3期生となりました。菊地あやかさんの愛称は「あやりん」で、この当時は本名の「菊地彩香」の名前で活動をしていました。

2007年4月にチームB 1st Stage「青春ガールズ」公演でチームBのメンバーとして公演デビューを果たし、渡辺麻友さんや柏木由紀さんと並ぶチームBの主力メンバーとして頭角を現しました。

2008年1月にリリースされたAKB48 7thシングル「ロマンス、イラネ」で初選抜に選ばれると、2008年2月にリリースされたAKB48 8thシングル「桜の花びらたち2008」でも連続して選抜メンバーに選ばれました。「ロマンス、イラネ」で選抜メンバーに選ばれた3期生は渡辺麻友さんと菊地あやかさんのみで、柏木由紀さんは選ばれませんでした。(柏木由紀さんはAKB48 4thシングル「BINGO!」では選抜入りしました。)これを見ても菊地あやかさんが当時は主力級の扱いだったことがわかります。

2008年6月にリリースされたAKB48 9thシングル「Baby! Baby! Baby!」でも選抜メンバーに選ばれ、事務所もプロダクション尾木に入るなど、AKB48の主力メンバーとして活動し、今後の活躍が期待されていました。

プリクラ騒動によりAKB48を解雇

AKB48での活動が順調な菊地あやかさんでしたが、事件が起こりました。2008年7月、15歳だった菊地あやかさんが当時交際していた男性とのツーショットのプリクラ画像がインターネット上に流出し、大きな騒動となりました。「AKB48のメンバーとしての自覚に欠けた軽率な行動を取った」として2008年年8月14日付けでAKB48を解雇され、プロダクション尾木からも契約解除が発表されました。

AKB48で「卒業」「脱退」「辞退」という形を取らずに公式でも「解雇」と発表されたのは、これまでに菊地あやかさんと西川七海さんの2名のみです。

7期生としてAKB48に再加入

菊地あやかさんはAKB48への復帰を目指して第7期研究生オーディションに応募し、2008年12月、第7期研究生オーディションに合格し、7期研究生としてAKB48に復帰しました。名前も「菊地彩香」から「菊地あやか」となりました。

解雇されたメンバーが早々にAKB48に復帰したことで、ファンからは賛否両論の声が上がりました。菊地あやかさんを合格にするまでのAKB48の運営サイドの苦悩がAKB48の戸賀崎支配人(当時)名で公式ブログに掲載されました。

2009年8月にはチームKへの昇格が発表され、2010年3月にはプロダクション尾木に復帰するのとともに渡り廊下走り隊に加わりました。以前のようにAKB48の主力メンバーにはなれませんでしたが、AKB48 21thシングル「Everyday、カチューシャ」、31thシングル「さよならクロール」で選抜メンバーに選ばれました。

大組閣でNMB48への移籍を拒否→直後に卒業

2014年2月24日に開催された『AKB48グループ大組閣祭り』において、菊地あやかさんはNMB48チームNへの移籍が発表されました。しかし、菊地あやかさん本人による異議申し立てにより移籍は取り消しとなり、AKB48に残留することが発表されました。

2014年4月13日の公演で菊地あやかさんはAKB48の卒業し、4月21日が卒業公演となりました。NMB48への移籍発表がなければ菊地あやかさんの卒業はまだ先のことだったのかもしれません。

AKB48卒業後

AKB48を卒業した後は女性ファッション誌「MAQUIA」(集英社)の専属モデルを務めるなど、モデルとして活動しています。また、事務所もプロダクション尾木に引き続き所属しています。

(Visited 1,266 times, 2 visits today)
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.